栄養士の食育日記

« 『食べられる花』 | メイン | 『暑熱順化・・早めに暑さ対策を!』 »

『母の日のプレゼント』

 毎年5月第2日曜日は「母の日」です。
母の日はいつ、どこで始まったのかは諸説ありますが、1908年5月10日にアメリカのウェストヴァージニア州で、ある女性が亡き母を追悼するためにフィラデルフィアの教会で白いカーネーションを配ったという説が有名です。その2年後の1910年にウェストヴァージニア州知事が5月第2週の日曜日を「母の日」に制定すると宣言し、やがてアメリカ全土に5月第2週の日曜日は母の日・・が広まり、1914年にウィルソン大統領の提唱により正式に「母の日」として制定されました。

日本では明治時代の末期ごろから母の日のイベントが行われていました。大正4年には教会で母の日のお祝い行事が開催されるようになり、徐々に庶民に広まっていったとのことです。
 さて、現実に母の日には何を送ったらよいのか迷うところですね。調べてみると40~60代のお母さんを対象に「もらって嬉しかったもの」と、「もらったら嬉しいもの」についてアンケート調査をしている情報を得ることができました。
①「もらって嬉しかったもの」ランキング 上位5位
1位 花(切り花・鉢植え・アレンジメント等)  25%
2位 手紙 ・ 好きな食べ物          13%
3位 手描きの絵(似顔絵含む)        12%
4位 ファッション系                6%
5位 券(お手伝い券など)            9%
2位は「手紙」と「好きな食べ物」が同率でした。家族からの手紙など涙が出そうになりますね。同率の食べ物は自分の好きなものを知っていてくれたことに感激!とのことです。お手伝い券や肩たたき券も定番のプレゼントですね。特にお手伝い券は、日ごろの家事から解放されると歓迎するお母さんの声も聞かれます。お母さんの負担を減らそうとする気持ちが嬉しいようですね。
②「もらったら嬉しいもの」ランキング 上位5位
1位 花                    18%
2位 なんでも嬉しい              15%
3位 好きな食べ物               13%
4位 手紙                   8%
5位 時間                   6%
「もらって嬉しかったもの」も「もらったら嬉しいもの」もほとんど同じですが、もらったら嬉しいものの5位に時間が入っていて、『わかる!その気持ち』と声をあげそうになりました。お母さんは忙しいのです!
アンケートの結果から母の日のプレゼントは何をもらっても嬉しい・・と、わかりました。いつも頑張っているお母さんに感謝の気持ちだけでも良いのです。普段、面と向かって言えない『ありがとう』や『大好き』という言葉を声に出して言うことが何よりのプレゼントかもしれません。
今年の母の日は5月9日です。日頃の感謝を声に出して伝えたら、一緒に食卓を囲んで食事をしましょう。お母さんも母の日には家族に甘えて食事作りを手伝ってもらうのはいかがですか?コロナの自粛で外に行くこともできませんが楽しい食事ができると思います。

お近くのヨシケイを探す

ヨシケイを始めたい!資料がほしい!と思ったらまずはお住いの地域をチェックして下さい。

郵便番号から探す

※半角数字で(ハイフン)入れずに入力して下さい。

全国のヨシケイ

×
×
サイト内検索

サイト内検索

×